>

島津府内城5攻略(ふないじょう5 こうりゃく) 覚醒版-


九州三国志の島津家で立花家攻略地の府内城
キリシタン大名である宗麟は
お供を含め西洋風のグラフィックや技能だったりして
戦国な雰囲気の信ONにあって一風違った世界観になってます。

前は蘇生不可技能を使うと
準備なしの蘇生を毎回使うお馬鹿大名でサクサク落とせたのですが
何時の間にか修正されててたようで
本来の力を発揮し痛いレイピアでツンツン刺してくるので記事にしてみました。


尚、個人的な観点からなので、振舞い方や考え方で多少なりとも違う部類は出てくると思います。
よって、全体や各位から見れば内容的に合わない事もあるでしょうが、個々の考え方の一部と思って下さいな
疑問や突っ込みは、掲示板ブログにてお願いします


構成

名前 外見(種族) レベル 初期付与 使用技
大友宗麟 刀侍 70 行動不能耐性 守護、復活、神の祝福、聖剣の戒め、最後の祈り主の裁き、再臨
南蛮騎士団 ポールアックス侍 68 守護、四連撃・改、五連撃・改、八方手裏剣、籠絡の計
南蛮狙撃手 鉄砲侍 68 守護、三段撃ち、四段撃ち、狙撃、全体看破、我武者羅・改、籠絡の計
大友親貞 陰陽師 68 反射結界 焦熱、氷晶、轟雷、五雷法、紅焔、氷雨、鎌風
南蛮遊び人 小型二刀忍者 68 蘇生・壱、沈黙の霧・壱、結界破り・改、瞬殺閃、暗殺乱舞、奪命三連、奪命五連、朧の術、各種遁・極

(寄り合い所からの転記)

味方の構成

鎧、刀、士、暗、道、神、薬


宗麟は殴り攻撃が痛く、かつ破り入りで使ってくるので
盾に負担が掛かる相手にはなりますので
三枚盾が基本的には無難かなとは思います。
(編成次第でしょうが)

以前の大友宗麟は、お供を蘇生不可にしちゃうと
何故か蘇らない蘇生を永遠と繰り返す
お馬鹿大名だったんですが、知らないうちに治っていたようです。

宗麟は最大の特徴である
準備なしの蘇生術
能力↑の付与系
結界破りのレイピアでツンツンしてくる大名です。

構成上盾が三枚なので
武士が旗となり
鎧さんが1を誘い込みで当てつつ固定していきます。
挑発系で固定するには1の魅力が高くレジストされがちなので
強制的固定できる誘い込みの方が確実なワケですね。

お供を倒して行く時は蘇生不可技能を持っている
暗殺、神典、刀などを入れて落として行くのが無難でしょう。

傾向と対策

盾鍛冶が二枚編成だと、もう一人の盾侍が自由に動きやすいので
一所や取れてない固定をサポートするのが良いでしょう。
また、付与を看破で消すのも盾侍が行えますから
%K6:00を使い時間を把握して置くと良いかも知れませんね。

うちの武士だと途中、ガス欠に結構なってしまい
何度か張りなおすのに時間掛かっちゃったのは
装備不足ですかね〜
生命+魅力装備が大半ですから
潜在と宝玉3位だと気合が回るのが厳しくなり勝ちなのは
流石に大名と言った所でしょうか。



開幕実装

実装
開幕に怒り。盾次第ですが結構耐えれます
普段と替わらず。
武士 一所から
暗殺 普段どおり
呪詛を使ってましたね
普段どおり
薬師 普段と替わらずかな


三枚盾であっても一撃が痛いので
旗が武士にしても直撃を食らうと危ない場面になります。
ベホマいくよーっと言われたんで
てっきり完全回復かな?と思い丹飲んだら
奥義で一気に回復してもらったりして
何とか凌ぐことに成功したりでした。

三体落として行けるかなと判断し
固定が全て外れていたので
奥義入れて全部固定したりしたんですが
動き的にどうだったのやら。。

大友宗麟のみになったら
生命が減ったところで奥義を連発して
キリシタン大名が乙。となり勝利となりました。

前と違い勘違い蘇生がなくなったので
幾分難易度が高くなってる感じはしますが
島津とかに比べると
まだ幾分やり易い大名では有りますかね。


武田家仙論陰陽選科へ戻る



 Special Thanks
気ままな狩りに付き合って下さった方々へ

inserted by FC2 system