陰陽乃戦闘(破天用に改正2008/02)

ナンダカンダでページ数も増えてきて
過去に作った頁の情報が古くなってるので
争覇に向けて
破天分の情報でも更新してみる事にしました。
このページでは、体感的に陰陽の基本的な動きを知るし
初心者陰陽さんの足しになれば幸いかと存じ上げます。

尚、個人的な観点からなので、振舞い方や考え方で多少なりとも違う部類は出てくると思います。
よって、全体や各位から見れば内容的に合わない事もあるでしょうが、個々の考え方の一部と思って下さいな
疑問や突っ込みは、掲示板ブログにてお願いします。


戦闘前に知っておく事
職業柄アタッカー一辺倒で出来そうな感じはするのですが、そうも行かないのが術士、陰陽師です
普通の経験、習得であれば、持ちうる最強の技能を持って
開幕から術をし掛けて〜と言うパターンで過ごすのですが
ボス戦になると三種類ある特化で、一番アタック性能が期待されてる陰陽道でも
破天で抗術持ちの相手が増えたりしてしてますのでサポートに廻ったり
物理系と違ってどうしても単一目標に向けての火力差が違い過ぎるので
敬遠されたりして難儀な事になってしまう事になります。
ボス戦でもアタック一辺倒なのは現状(2008/02)では、鉄砲鍛冶位で後に武芸が続く感じですね。

通常の狩ではダメージソースとて期待されており、アタッカーとしての中核を担います。
LV上げや習得で過ごすのが大分なので、アタッカーとしての役割には慣れてくるでしょうが
一旦ボス級強敵になると役割が変わってきます。
矛から盾へと変化するのですが、一見すると何故アタッカーである陰陽が盾へと変化するのか解りにくいと思います。
ココでは通常の戦闘方法と、ボス(武将)戦でのやり方を記してみましょう。


効率徒党
俗にターンキル、瞬殺、とも呼ばれる徒党形態です。
万雷等を覚えるLV40位から出来る編成で、特に屋敷で好まれる徒党編成です。
屋敷は全国にありますが、人気なのが、越中、上野、武蔵、遠江、伊勢辺りでしょうか
難易度12までの習得は屋敷で出来るので、陰陽は各ダンジョンを含め、屋敷でLV上げをする事が多いでしょう。

一般的に術アタッカーを3〜4人を含めての編成で、開幕と同時に全体術を入れて3ターンまでに敵を全滅させるパターンとなります。
全体攻撃が高い火力優先なので、、初めから持ちうる最大の術で敵を圧倒していくことになります。
虎や大半の屋敷ではターンキルで倒していくのが多いでしょう。
楽して速いし装備も気にしなくても手軽に出来ると人気がある徒党編成です。
屋敷は相手の強さも大した事ないのが良いですね。


技能や実装などは


この辺の頁が参考になるかと思います。


通常戦
ココでは普通に4〜8ターンは掛かる戦闘にしてみます。
このようにターン数が掛かる敵は、陰陽にとってはやや苦手な部類に入ります。
LVが低い時は、初期結界が無いので始めに結界から入らないと術を停められたり
二発目の全体術を撃とうとすると殴られて気合を削られてピヨったリで厄介な事になったりします。
強いと感じるような相手には、呪縛から入れて被弾率を下げるのが有効ですが
脱力の踊り等の術を使う相手に打つととんでもない結果になります


徒党の編成にもよりますが、4〜8ターン掛かる所となると
トライアルダンジョン(TD)やアタックの系統が混成になってる場合、単に難易度が高い相手
または徒党が割れてピンチの時でしょう。
時と場合で結界か、呪縛か入るかは敵の編成にも寄りますが
もう一人陰陽が居る場合は、片方が呪縛から入った方が安全度が増えます。
割れた時に準備術で入ったりすると自身が殴られてピンチを招くだけなので
無理矢理アタックするのは控えた方が無難です。


ボス戦(体感強さ弱〜中)
万雷撃って相手の生命の一割〜二割も減らないような相手と思って戴ければ良いかな。
LVと強さにも寄りますが、大半のボスは生命10000位はありますから
一体のダメージが1000前後の全体術を撃っていたら手間が掛かって仕方が有りません。
また、ボスには完全回復や魔の祝福(反則技)があってコツコツ与えたダメージを
容易にひっくり返してきたりするのが困りものです。

こう言う時には矛から盾に変わる腹積もりをしておきましょう
普段はダメージを食らわない位置に居ますがボス戦に限ると話が別です。
信ONでのアタッカーで最も死に難いのが実は陰陽です。
丈夫な結界があるのが最大の利点でアタックしつつ結界の盾で凌げます。
この結界を利用しつつヘイトを上げ味方の被弾率の分散を図ります(別ページ>ヘイトの上げ方

但し、ヘイトは、一所、挑発と違って確実性が、それ程高くないのも知っておかなくてはなりません。
ヘイトを上げてるだけでは、強烈な攻撃を他に流れてしまうこともあるので
絶、催眠等でピンポイントに停めていく事も必要になりますね。

特化技能が有れば各職単体攻撃に秀でた技能がありますので
問題なく倒せますが、特化を覚える前のボス戦ですと
味方と相談して、全体術で押すか
子守の邪魔をしないように華などで単体でダメージを与えるなど、ボス戦前に技能と行動を確認してやりましょう


昔の仕様ですが、陰陽はボスにいらない子。と呼ばれる時期から
↑のようにやろうと思えばボスは倒せて来れてます。
やる前に諦めずに、頑張ってみれば道は開けると思うんですけどね。


ボス戦(体感強さ強)
人によって感じる強さは違いがあると思いますが
普通の経験、習得で進めてくると強いなーっと感じるボスは、黄泉〜根の国の八雷
侵攻型ダンジョン(通称陸1〜空2)、争覇系などでしょうか。
早く倒しても一戦30分位は掛かるでしょうし、トライアルダンジョンのボス等と比べると
相手の強さが違う事を感じるかも知れません。

前も色々書いたので↓辺りを一通り読んで貰ったり
実践してやってみると、自身に何がどう足りないか把握できる事でしょう。


一番の欠点はボス戦だと陰陽は召還(一部敵に仙論)を除いて
誘われにくいのが欠点かなぁ。
やって倒せない事は全然無いんですけどね。
物理アタックに比べて難易度が高くなるのが欠点でしょう。
(争覇では調整して貰えると良いんですけどね)


武将
陰陽には不向きな武将と言われますが、やってやれない事も無いので、一応記しておきましょう。
基本的に先の要害は陰陽はどれも行けます。
中の要害も装備とスキルに相性で次第で行けます。
但し手間が掛かるので誘われにくいし、効率が悪いです。
後の要害になると、さらにしんどくなります。

っと、昔は言われてたりしましたが、今は別にそうでもなく
ゲリラで陰陽さんも沢山参加してますし、別段問題なく倒せるでしょう。
特に四天王などは、堅い避ける反撃しまくる。と有って仙論でのアタックが有効です。
陰陽だから…と諦めずに頑張ってみましょう。

等が参考になるかな。一番上のは、ネタなので
烈風サーバーで武田家紋を付けた依田が居たら声でも掛けて戴けると喜びます。


 Special Thanks
気ままな狩りに付き合って下さった方々へ


inserted by FC2 system