職業


職業は七つの種類があります。途中で職を替える転職が無いので、最初に決める時が一番肝心になります。
30日で一つキャラクターを追加でき、一つのIDで、一つの鯖に三名は作れます。
一長一短あるので、どの職が最強と言うのは無いのですが、攻撃、補助、回復の三つの内にドレがやりたいかは決めておいた方良いですね


戦国の華のイメージ通りに信長でも花形の職業です。
攻撃役としての武芸侍、仲間を守る守護侍、術を扱う軍楽侍、またこれらを併せ持った、武芸軍楽侍守護軍楽侍等も出来たりするので
一つの職業としては幾つか選ぶ道を決めれるのも魅力的な要素ですね。
前衛職に言えることですが、装備の耐久が減るのが早いので、資金難が大きな壁となって立ちふさがるようです。
一般的に多く見かけるのは守護侍守護軍楽侍武芸軍楽侍で、個人的には知力10、耐久10ふりの守護軍楽侍が良さそうに見えますね。

特化系
特化系を入れる事によって、侍は大幅にパワーアップします。
三種ある内の特化全てに非常に良い技能がある為に、自分に在った長所を特化をさらに伸ばすと強力ですね。
武芸は忍者さえも越えるアタッカー、武士道は生命が減らない結界の心頭滅却、軍楽は神職の子守り並みの痺れの活殺自在と揃っています。


冶屋。代表的な生産職です。
もっとも数多くの生産品を作れる事が出来たり、武具の鍛錬も可能、また戦闘ではもっとも強固な前衛として活躍します。
生産は、前衛職が使う武器に、防具、鉄砲も作れるのですが、採取で必要な素材を自力で確保出来ないために、PCとの取引をもっとも活発に行なう職業でもあります。炭を大量に扱うようで、炭山が多く取れ利便性が良い、甲斐や美濃で鍛冶屋さんを比較的多く見かけますね。
戦闘は攻撃力は、侍、忍者に劣りますが、持ち前のタフ差は秀でており、守護する侍をさらに守護する鍛冶屋になったりしてますね。
特徴として武具を野外にて修理を出来る唯一の職業でもあります。
戦場から出られない合戦では、非常に重要な職業の一つでもあります。普段の狩よりも合戦で重視される職業のようです。

特化系
侍と並んで良い特化が並んでいます。特に強力なのが鉄砲の目録で、此れにより鍛冶屋のアタッカーが徒党で一番強力になったりもします。
また、武器、鎧の特化も相手の武具を壊す技や高威力の技や結界を張ったりする事が出来、どの特化系も優秀な技が多いです



。攻撃役としては真の万能職と言えるでしょう。強力無比の不意を扱い、忍術にて敵を翻弄、一発も攻撃を受けずに戦闘終了と、攻撃役としては二重丸なのですが、攻撃に特化するあまりにサポートや徒党全体へのフォローがやや劣る職業です。
避けて殴る、職業なので、防御力は非常に弱いです。攻撃力の高さを生かし、腕力付与忍者を数多く見かけますね
単独でも充分な強さを発揮できるので、ソロプレイには最適の職業ですね。また採取も総て採れるので、一つの鯖で三つ使えるアカウントで一つは持っていても損は無さそうです。
反面徒党へのフォローが難しいので、強い割には徒党に誘われ難い不遇職でもあります。館に行き始めるlv30近くになると誘われ難くなっている兆候があるようですね。

特化系
既存のソロ能力が高いせいかサポート系の特化が多くなりました。忍術の近接攻撃を封じる影縛りに呪詛付きの遁術極、暗殺奥義は不意を凌ぐ神魔滅殺、忍術は飛び道具から味方も守る空蝉の術、結界破り裏と忍者の特化は特色が分けられていますね



攻撃役、回復役、サポート役に立ち回れる職業です。
侍が前衛の万能職だとすると僧は後衛万能職ですね。生産の職業としても一定のアイテムはNPC買いを含めて黒字になるレシピがあるので、比較的に恵まれている職業かも知れませんね。
直接攻撃としては力不足の面がありますが、攻撃術は術連携も出来、回復やサポートしては生命吸収等便利な術があります。
特に中盤では最も多彩に立ち回れるので徒党からかなり誘われやすい職業です。
但し、LVが上がる後半(35代頃)から戦闘中に転生出来ない為に誘われる率は減るようです。
万能系なので同じ事が言えますが、攻撃術は陰陽師に引けを取り、武器攻撃は前衛職に劣るのも同じですね。
また、上位目録の仏の悟り改は値が張る目録の一つなので、出奔し留学するか、出身国から手に入るか考えておくと良いかも知れませんね。


特化系
万能系らしく特化系も万能に揃っています。直接攻撃を高める僧兵、術攻撃を高める密教、回復を高める仏門と他職の特化の威力と比べると一歩劣るのは否めませんが、能力や使い勝手は申し分無しと優等生ぶりな特化に成っています。



陽師。攻撃役の後衛としてはもっとも攻撃力が高い職業です。
全体術が非常に強力で、陰陽が三人揃っての上位術を三発放てば終えるのでターンキル徒党ではもっとも必要な職業です。
序盤は脆さと術を発動できる気力が少ないのでややお荷物感が漂いますが、中盤まで行くと徒党での重要なダメージソースを担う事になります。
反面防御力は弱く、準備をしないと全体術を打てないので、徒党でやらないと真価を発揮する事が出来ません
採取も売れ筋の炭を採取出来る職業なので、お金集めもそれ程は難しく無いようです。
攻撃に特化した後衛なので、術が通じ難い敵に遭遇するとやる事が大してないのが困りものではありますね。
このような敵に合わせた徒党を通称殴り徒党と言い、前衛職をメインに固めてやるようです。


特化系
アタッカーの陰陽道、サポートの仙論、ソロの召喚(生産)の三つの特化系に分かれています。特化系の内珍しいのが生産も追加されている召喚ですね。また陰陽道は三椏の断片を集める唯一の職業で、特化系で一番変わってる職業かもしれません。


。(神主、巫女)サポート重視の後衛です。徒党での便利な術を多く併せ持つので、どんな徒党にも欲しいですね。
また信長で重要な位置を占める付与石を作成できる唯一の職業です。付与石売りとして頑張るには、かなり・・・長く険しい道のりが待っているでしょうが、上手く自立出来た暁には他職と比べて圧倒的にお金を稼げるそうです。
全体攻撃術も準備が無い、風の唄等便利な術を多く持ち、野外での移動速度が上がる唄や徒党が全員隠れる穏形を使えたりします。
直接攻撃としても弓を扱い乱れ撃ちの威力に惹かれる人も多いようですね。


特化系
元々の性能が高い職業なせいか特化系は使いこなしが必要な技能が多いですね。神典は腕力付与をすると非常に強力な光の矢、古神典は相手の気合を減らしピヨピヨさせる神気撃、雅楽之妙は各種サポート強化となっているようです。


。僧と双璧を張る回復役の職業です。サポートとしては僧よりも一歩秀でているようですが、逆に術の攻撃役としては期待されてないようです。
戦闘中に蘇生が出来る職業なので、長期戦の戦闘だと薬師が居るか、居ないかでは全然違ってくるでしょうね。
中盤以降から徒党に必須に欲しい職業の一つなので、回復役としてサポートしたいならピッタリの職業ですね。
また後衛で唯一結界が無い職業ではあるのですが、素のままでも充分固く、防御の術を使うとさらに強固なので、ソロプレイでももっとも死に難いとも言われたります。
また丹を作れる職業で、屋敷やダンジョンに行く際には薬師さんから丹を購入してから望むが一般的になります。

特化系
回復系の特化が多いですね。神通霊力はサポート特化に消費気合が多大すぎる気がする攻撃術、修験法力では呪いに結界も張れるようになったり、高等医術で準備無しの回復が出来るようになったりしてます。

inserted by FC2 system